クレジットカードとは?利用するメリットから仕組みまで解説!

クレジットカードって何?

クレジットカードとは、後払いができるカードのことです。コンビニやスーパーでのショッピングのみならず、オンラインショッピング、水道や光熱費等の公共料金、税金など幅広いシーンで支払いに利用できます。現金を持っていなくても買い物ができたり、支払いをするたびにポイントが貯まったり、海外旅行保険が付帯したりと便利でお得なカードです。

クレジットカードと似たものに、デビットカードやプリペイドカードなどがあります。これらには明確な違いがありますので、まずはその点を以下で確認していきましょう。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードは、「利用者」、「加盟店」、「カード会社」の3者の存在によって成り立っています。仕組みを理解するために、カード利用の基本的な流れを以下に紹介します。

まず、利用者が街中やオンライン上の加盟店でカードを使います。加盟店はその後、カード会社から利用者の利用代金を受け取ります。そして、カード会社は利用者に請求をおこない、それに応じて、利用者は代金をカード会社に支払います。カード会社は、加盟店から手数料を受け取り、この手数料がカード会社の利益となります。こうして、クレジットカードの後払いの仕組みは機能しているのです。

クレジットカードを使うことで、利用者にとっては現金いらずのスマートなお買物ができるなどのメリット、加盟店にとっては、売上管理の効率化や機会損失の回避などのメリット、カード会社には手数料によって利益が得られるというメリットがあります。互いにメリットを享受する仕組みになっています。

クレジットカードのメリット

1. 現金がなくてもクレジットカードがあればお買物できる

クレジットカードがあれば、現金を持ち合わせていなくても、すぐに支払いができます。1円玉を探すような手間を省いて、スマートな会計ができるのもクレジットカードの魅力です。支払方法も、1回払いから、分割払いや、ボーナス一括払いなど、さまざまな種類が用意されているので、少額のお買物から高額なお買物まで、いろいろなシーンで役立ちます。

財布や預金口座に現金がない場合でも、クレジットカード1枚あれば、多彩な支払方法から最適なものを選択し、買い逃しを回避することが可能です。

2. ATM手数料が節約できる

時間や曜日によって異なりますが、ATM手数料は1回あたり110円~220円(税込)ほどかかります。10回繰り返せば、それだけで1,100円~2,200円の出費になり、ATM手数料も積み重なれば、無視できない出費になるでしょう。

しかし、クレジットカードを使う機会が増えれば、そもそも現金を引き出す必要がなくなるので、ATMの利用回数も減り、これまでかかっていた手数料も削減できます。

ATMに並んでいた時間も節約できるので、費用と時間の両面でクレジットカードの利用にはメリットがあります。オンラインショッピングでも、振込による余計な手数料がかからなくなり、オンラインショッピングを楽しみたい方にも、クレジットカードは有用です。

3. クレジットカードには盗難保険があるから紛失時も安心

「クレジットカードを発行すると不正利用されそうで怖い」という方もなかにはいらっしゃるでしょう。しかし、もしもの事態に対応できるよう、クレジットカードには盗難保険が付いています。

盗難保険とは、紛失したカードが第三者に不正利用された場合に、カード会社が損害額を補償してくれるサービスのことです。紛失時にカード会社へ連絡することで、すぐにカードの機能を停止してもらえますし、万が一不正利用された場合でも、上記のような補償が受けられるため、安心して利用できるでしょう(※各社カード規約に当てはまる場合)。

4. クレジットカードの利用でポイントが貯まる

クレジットカードを利用すると、利用料金に応じてポイントが貯まります。これは、現金払いでは得られない、大きなメリットであるといえます。

公共料金の支払いに利用すれば、知らず知らずの間に多くのポイントを貯めることができます。貯まったポイントは、ギフト券と交換したり、ほかのポイントに移行したり、マイルと交換したり、多様な使い道が用意されています。

特に、セゾンカードの永久不滅ポイントは有効期限がないため、じっくりゆっくりと確実にポイントを貯めていくことが可能です。これなら、使う前に有効期限が切れてポイントが失効するという残念な事態が回避できます。

少しでも節約したい、あるいは日々のお買物をお得にしたいのであれば、ポイントがもらえない現金よりも、ポイントが貯まるクレジットカードのほうが断然おすすめです。

5. クレジットカードの利用でマイルが貯まる

クレジットカードはポイントだけでなく、マイルを貯めるのにも適しています。「マイルってなかなか貯まらない」とお困りなら、クレジットカードを使うと貯まりやすくなるかもしれません。

クレジットカードでマイルを貯めるには、利用料金に応じてマイルが直接貯まるカードか、貯まったポイントをマイルへ移行できるカードを使う必要があります。何としても特典航空券を手に入れたいという場合は、前者のマイルが直接貯まるタイプのカードがおすすめです。

例えば、MileagePlusセゾンカードなら、1,000円利用するたびに、15マイルが貯まります。携帯電話料金、公共料金、普段のお買物のあらゆるシーンで、マイル還元率1.5%でユナイテッド航空のマイルが貯まっていきます。さらに、ユナイテッド航空のマイルはマイル有効期限が無期限です。貯まったマイルをユナイテッド航空やANAなどの特典航空券と交換可能です。フライト以外でもマイルを貯めたい時、クレジットカードは非常に役立つアイテムなのです。

クレジットカードのデメリット

1.クレジットカードは使いすぎる可能性がある

クレジットカードは、現金なしで手軽に支払えるのが特徴です。だからこそ、ついつい使いすぎてしまい、預金残高が不足していて、引き落としができないという事態に陥る可能性があります。

支払日までに預金残高が足りていないと、支払いの遅延という扱いになります。支払いの遅延を起こしてしまうと「遅延損害金」という延滞料金が発生するカードがあります。くれぐれも、カードは計画的に利用しましょう。

2. クレジットカードのリボ払いは返済額がかさむ可能性がある

クレジットカードは、分割払いやリボ払いなど、多彩な支払方法が選べるというメリットがあります。ですが、分割払いは回数が増えるほどに手数料が増えていきますので、支払いが可能なのかどうか、事前によく考える必要があります。

リボ払いでは、毎月一定額の支払いなので、管理はしやすいのですが、大きなお買物をした際に、一気に返済総額が増える可能性があります。返済総額が増えると、その分返済までの期間が延び、手数料もかさんでいくことになります。これらの支払方法を選択する場合は、手数料が発生することを肝に銘じておきましょう。

3. オンラインショッピングで個人情報が漏洩する可能性がある

オンラインショッピングでクレジットカードを利用する際は、利用にともなって通販サイトにクレジットカード情報を登録します。しかし、セキュリティの甘いサイトだと、登録した情報が第三者に漏洩し、悪用されてしまうかもしれません。

そのため、こうしたオンライン上での不正利用について、しっかり補償が受けられるかどうか、あらかじめ確認しておくことが重要です。

例えば、セゾンカードには「オンライン・プロテクション」というサービスが付いています。これは、オンライン上での不正利用による損害が補償されるサービスで、セゾンカードであれば、すべてのカードが対象となります。

ネットショッピングでのお買物を想定しているのなら、必ずこうしたオンライン上での被害に対する補償についてチェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です