fxの自動売買ツールのメリットとデメリットとは?

FXの経験をお持ちの方の中には「自動売買のメリットやデメリットは?」「自動売買ってどうやって始めるの?」と気になっている方も少なくないでしょう。

自動売買ではシステムが取引を行ってくれるため、通常の裁量取引と比べると時間を拘束されずに取引を行えるといったメリットがあります。しかし、自動売買には様々な種類やリスクが存在するため、適当に始めてしまうと失敗する可能性があります。そこで本記事では、下記の流れで自動売買の始め方やメリット・デメリットなどを詳しく紹介します。

FXの自動売買とは

自動売買とは、プログラムを用いて人の手を介さずシステムが自動で取引を行ってくれるサービスのことで、システムトレードという呼称も一般的です。システムが取引を行ってくれるため、人とは異なり感情を挟まずにルール通りの取引を行ってくれます。

例えば、裁量取引の場合、損切りしなければいけない場面でも躊躇して損切りを行えず、大きな損失を出した経験のある方も多いのではないでしょうか。FXで継続的に利益を得ていくためには、ルール通りに取引を行うことが大切です。ルールを決められなかったり、なかなか守れずに資金が増えなかったりする方は、自動売買の導入も検討してみましょう。

FXの自動売買のメリット3つ

ここでは、自動売買のメリットを紹介します。

拘束時間が少なく余裕を持てる

自動売買は、システムが24時間自動で取引を行ってくれるため、拘束時間が少なく余裕を持った取引を行うことができます。裁量取引だと、取引スタイルにもよりますが、エントリーから決済までチャートを見続けなければいけないときもあります。ポジションを保有している間は、少なくとも精神的な負担もあるものです。

しかし自動売買なら、決められたプログラム通りに取引を行ってくれるため、その間も外出したり好きなことをしたりすることができます。

感情がないから一定のルールで取引を行える

システムが決められたルール通りに取引を行ってくれるため、感情を挟まずに一定ルールで取引を行うことができます。

裁量取引の場合は、取引技術だけではなく、メンタルコントロールも大切です。特にメンタルコントロールができていない初心者の方は、損切りができず大きな損失を出してしまうこともあります。

ルールを守りながら取引を行うということは、簡単なようで難しいものです。その点、自動売買であればメンタルコントロールが必要ないため、初心者の方でも継続的な利益を目指しやすいといえます。

有名トレーダーの自動売買アルゴリズムを利用できる

すでにFXで実績をあげている有名トレーダーが開発した自動売買アルゴリズムを選んで使うこともできるため、自動売買を使えば初心者の方でも簡単に取引をすることが可能です。

1万時間の法則という言葉があるように、FXで本格的に稼げるようになるまでには非常に長い時間がかかるといえます。10年間とはいかなくても、それくらいFXで稼ぐのは難しいことですし、最初から覚えなくてはいけないことも多くあります。

しかし自動売買であれば、初心者でもストラテジーを選ぶだけで上級者と同じ取引が行えるため、気軽に取引を始められるといえます。

FXの自動売買のデメリット3つ

自動売買を始める前に、注意しておけなければいけないことがあります。注意点やリスクを正しく知ったうえで、自動売買を使い始めましょう。

実質手数料が高い

ほとんどの自動売買では、スプレッドだけではなく売買手数料もかかるため、取引コストが高くなります。裁量取引の場合、スプレッドのみが実質の手数料ですが、自動売買ではスプレッドに手数料が上乗せされます。

FX会社によっては、自動売買にかかる手数料が無料なところもありますが、基本的に取引コストは裁量取引よりもかかるということを覚えておきましょう。

相場の変化を見極めなければならない

自動売買は完全放置とはいかず、相場の変化によって設定を変えたり自動売買を止めたりしなければなりません。例えば、リピート系注文は、レンジ相場に強さを発揮しますが、トレンド相場(明確な値上がり・値下がり基調にある相場)には弱いというデメリットがあります。

トレンド相場なのにレンジ相場用の設定にしてしまうと、大きな損失を出すリスクが高まります。相場環境や資金状況などは、こまめに確認しておきましょう。

自動売買アルゴリズムなどにより運用成績が大きく左右される

自動売買の種類はたくさんありますが、どのアルゴリズムを選んでも稼げるかといえばそうではありません。その時々によってアルゴリズムの向き不向きは変わりますし、中には詐欺のようなアルゴリズムが販売されていることもあります。自動売買での失敗リスクを減らすためにも、まずは大手FX会社が提供しているアルゴリズムを選んでみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です