fxの強制ロスカットとは?

強制ロスカットとは?

「強制ロスカット」は、評価損が一定水準に達したときに、さらなる損失の拡大を防ぐための自動決済機能です。(法律で義務付けられている取引ルールです。)

強制ロスカットを防ぐための対策は?

「強制ロスカット」を防ぐためには、資金にゆとりを持たせるのが1つの有効な手段です。

「強制ロスカット」が発動した場合、既に発注済みの全注文が自動的にキャンセルされ、保有していた全建玉は自動的に決済(反対売買)されてしまいます。

取引に必要な証拠金ギリギリの金額しか預託していない場合、為替レートが自分の思惑と違う方向にわずかに動いただけで「強制ロスカット」になってしまいますが、預託している証拠金に余裕があれば、いったん為替レートが動いて評価損を抱えた状態になったとしても、相場が再度回復するまで建玉を保有し続けることができます。

維持証拠金 ( ロスカットレベル )・・・・・・・・ 40,000円
( 10,000ドル × 4.0% ( 当社の米ドル/円証拠金率 ) × 100円 = 40,000円 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です