FX会社で口座開設する際の審査基準と注意点まとめ

口座開設をする際の注意点

  • 口座開設にはマイナンバーや本人確認書類の提出が全てのFX会社で必要です
  • 提出はスマホで写真をアップロードするだけ
  • 免許証やマイナンバーカードがなくても代用できます(提出書類・提出方法について)

早く口座開設する3つのコツ

早く口座開設をするためには、以下の3つを意識するようにしましょう。

  • 申し込み~口座開設完了までの期間が短いFX会社を選ぶ
  • 15時までに申し込み手続きとマイナンバー等の書類提出を行う
  • 自分が郵送物を確実に受け取れる日に合わせて申し込む(早ければ1~2営業日)

15時までに申し込むというのは、審査担当の部署が開いている可能性が高く、即日で審査をしてくれるFX会社が多いからです。

郵送物受け取りの注意点

口座開設完了後、IDとパスワードが書かれた書類が必ず郵送されます
家族に内緒でFXを始めたい場合でも、これだけは避けられません。本人確認も兼ねてIDとパスワードは簡易書留で郵送通知することが当局によって義務付けられているからです。

ただし、IDとパスワードの書類以外を郵送しないように変更することは可能ですので、FX会社に問い合わせてその旨を連絡しましょう。

eKYCとは

「electronic Know Your Customer」の略で、オンラインによる本人確認手段のこと
自分の顔や免許証などを指示どおりに撮影することで本人確認を行うもので、従来の方式(書類郵送)に比べ大幅な時間短縮が可能になりました。
近い将来の導入を発表しているFX会社もあり、これからはよりeKYCが身近になっていくことでしょう。

 

FX口座開設の審査基準で大事なポイント3つ

口座開設の審査は厳しいのでしょうか?
多くのFX会社では審査基準は非公開ですが、基本的には以下の3点を満たしていれば、多くの場合口座開設が可能です。

FXの口座開設で大事な3つのポイント

  • 資産をもっていること
  • 満20歳以上であること
  • 嘘を書いて申し込みをしないこと

多くの人は「資産」が気になると思いますが、学生も審査に通るので、銀行の口座開設とほぼ同じと考えるといいと思います。

もう少し詳細を説明しましょう。

「資金」があればローンや借金などがあっても口座開設できる

FX会社は金融資産を他の項目より重視しているといわれています。

もし大きな損失を出した場合、それを本人が負担できなければそのままFX会社の損失となってしまうからです。

例えば、GMOクリック証券は「100万円以上の金融資産」が審査基準にあります。

他のFX会社も、公表はしていないのですが100万円以上や30万円以上といった審査基準を設けているところがあり、その基準に満たなければ審査に落ちてしまいます。

しかしFX会社は、実際にあなたの資産を調査するわけではありません。

保有資産を細かく調べ上げる必要はなく、おおまかな金額を申告すれば問題ないでしょう。保有資産を入力する画面も「10万円~100万円」といった具合に、かなり金額に幅を持たせてあります。

基本的には、保有資産のところで厳しい審査が行われるわけではないので、事実とかけ離れた虚偽の申告をしないように注意しましょう。

「20歳以上」なら無職・専業主婦・学生でも口座開設可能

一般的に収入が少ない無職や主婦・学生の人は口座開設が難しそうな気がしませんか?

実はFXの口座開設に職業はほとんど関係ありません

上述したとおり、FX会社が重要視しているのは資産です。仮に無職であっても、投資能力があり、資産をもっていれば関係ありません。

無職や専業主婦など収入がなくても、ほとんどのFX会社の審査に問題なく通ります。また、学生でも満20歳以上であればFXの口座開設が可能です。

実際の画面で、職業の一覧には専業主婦も無職も含まれています。

試しに会社員を選んでみると…

勤務先の電話番号を記入する必要があります。

このように、これ以上の記入を求められることはありません。

では20歳未満の人はどうすればいいのでしょうか。

SBIFXトレードなら18歳以上であれば口座開設可能です

ただし、審査の段階で親権者(法定代理人)の同意が必要となりますので、両親の許可を得ることが必要です。

他人の名義を借りて口座開設・取引することはFX会社の約款違反(名義貸し)になり、強制解約の対象になるので気をつけましょう。

嘘がバレると強制解約!「正しい情報」で申告を

FXの口座開設で嘘の情報を入れても、それをFX会社に知られなければ審査に影響を与えません。

例えば、無職の人は審査に不利になるのではないかと思い、虚偽の勤務先などを申告したくなるかもしれません。

しかし、無職だとしてもFXの審査に通ることがほとんどですので、そもそも嘘をつく必要がありません。

もちろん嘘であることが判明した場合は、強制解約になりますので、嘘の情報は記入しないようにしましょう。

もし審査に落ちたら?諦めずに別会社で申し込み

FX会社の審査に落ちても「他社に申し込んだら審査に通った」ということはよくありますので、1社落ちたぐらいで諦めることはありません。

審査に落ちた場合、その原因を知りたいとFX会社に電話やメールで問い合わせる人は結構います。しかし、FX会社では審査情報を開示しておらず、落ちた理由は絶対に教えてくれません

また、再審査を受けることは可能ですが、FX会社の顧客管理部門は一度審査に落ちた人をリストアップしていることがほとんどです。落ちた原因が解決されないかぎりは、何度審査を受けても高確率で審査に落ちるでしょう。

審査基準はFX会社によって異なるので、審査に落ちた原因の見当がつかない場合は、別のFX会社で申し込みましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です