fxの用語集。ロット、レバレッジ、ピップスとは?

ロット

FXにおいて『ロット(lot)』とは、取引単位のことです。銀行の外貨建て預金は、ある程度自由な金額を売買することが可能ですが、FX取引では、まとまった通貨数量をひとつの単位とし、その倍数で売買が行われることが一般的です。

レバレッジ

FX取引では、手持ち資金の数倍から数十倍にあたる通貨を売買できる、『レバレッジ』と呼ばれる仕組みがあります。

レバレッジによって、比較的少額でも大きなロットの通貨を動かすことが可能になり、資金効率のよい投資ができます。ただし、大きな損失を生むリスクがあることも事実です。

日本国内では2011年8月1日より、個人向けのレバレッジ倍率を最大25倍とする法規制が施行(金融商品取引業等に関する内閣府令第117条)されています。

ピップス

『ピップス』とは、通貨の最小単位を100で割った数値で、為替レートの最小変動単位のことです。アルファベットでpipsと表記することもあります。

たとえば、日本円では1円の1/100である1銭が1pipです。この単位が複数になると最後に小文字のsを付けて、2pipsや5pipsといったように表記します。

米ドルでは、本来の最小単位が1セント(1/100ドル)なので、さらにその1/100が1pipであり、数字上の表示では1.0001ドルのようになります。

複数のレートが関係する外国為替市場では、各通貨の単位を使って価格を表示すると煩わしいので、共通の用語としてピップスが使われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です