FXとは?初心者向けにわかりやすく解説

FXとは?

FXは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)の略です。

前半の「外国為替」とは、「国と国の通貨を交換する取引」のこと。

後半の「証拠金取引」とは、モノ(この場合は通貨)を実際にやりとりせず、売買の結果生じた損益を口座残高に反映する取引のことです。それぞれについて、詳しく解説いたします。

FXとはどのような投資なのか?

1年前に1ドル=100円だったのに、今は1ドル=110円になっているというように、国と国の通貨を交換するレートは、経済的に発展している先進国同士の場合、常に変動しています。

このレート変動を利用するのがFXでの取引方法です。海外旅行を例に、この仕組みを解説してみましょう。

仮に、1ドル=100円だとします。これから米国に旅行するので、現地で使うお金が必要ですから、10万円分の日本円を米ドルに交換します。すると、10万円→1000ドルになります。

でも米国旅行では、すべての出費をクレジットカードで決済できたため、交換した1000ドルは結局使わなかったとします。

日本に帰ってきたら米ドルは必要ありませんから、また日本円に戻さなければいけません。このときに1ドル=110円にレート変動していたら、1000ドルは11万円なので1万円のプラスになりますよね。

逆に1ドル=90円になっていたら、1000ドルは9万円になるので1万円のマイナスです。

米ドルと円の交換レートの変動に、一定の傾向が現れることがあります。しばらく上がり続ける傾向が見られることを、「上昇トレンドである」と表現します。逆に下がっていれば下降トレンドです。
こういったトレンドを見つけて、適切なトレードができれば利益に、予想に反した動きをしてしまったら損失となります。

また、上がっても下がってもいない状態を「レンジ相場」と呼び、こちらもまた上がったら下がる、下がったら上がるという予想が成り立ちます。

差益が発生するのは、上昇する局面だけではありません。下降トレンドのときは「高く売って、安く買う」取引をすると差益が発生します(この仕組みについては後ほど詳しく解説します)。

円高・円安の基礎知識

朝やお昼、夕方などのニュースで、「外国為替市場では円高ドル安が進み1ドルが107円でした」のように報じられていることをよく聞くと思います。この円高ドル安、あるいは円安ドル高という考え方は、外国為替市場を分析するにあたって非常に大切ですので、この機会に覚えておきましょう。

先ほどの海外旅行の例でも触れたとおり、FXとは通貨と通貨の交換レートに投資する金融商品です。そして、2つの通貨の価値は、一方が上がればもう一方が下がる、シーソーのような関係になっています。ドルと円の関係でいえば、ドルが上がれば円が下がり(円安ドル高)、円が上がればドルが下がります(円高ドル安)。

このことから、FXの取引は「買い」だけでなく、最初から「売る」取引もできます。

1ドル=100円の状態を基準に、円安ドル高、円高ドル安がどういうものかを考えてみましょう。

円高ドル安になると、ドル円は上昇ではなく下降

FXでは、1ドル=100円の状態を、「ドル円が100円」という表記をします。

つまりドル円が100円から90円になると、円が高くなり、ドルが安くなっているので、円高ドル安です。「円高」という言葉のイメージからドル円が「上昇した」ように連想するかもしれませんが、相場の動きとしては下降となります。

FXの特徴

投資、資産運用にはたくさんの種類があります。FXもその中の一つですが、どのような特徴がある投資なのでしょうか。詳しく解説していきましょう。

リスクと引き換えに、資金以上(最大25倍)の額で取引が可能

FXでは、「レバレッジ」をかけてトレードができます。

レバレッジとはテコのこと
レバレッジはテコのことで、この図のように実際の資金よりも大きな額面の運用をすることが可能です。

具体例で見ていきましょう。1ドル=100円のときに1万ドルを保有しようとすると、普通に考えて100万円の資金が必要となりますよね。

ところがレバレッジの仕組みを最大限に利用すると、1万ドルを約4万円の資金で運用できてしまうのです(ドル円=100円の場合)。つまりは実際に必要なはずの資金の25分の1の資金でトレードができるようになるのがレバレッジの効用です。

また、この25分の1の資金でトレードができるレバレッジ比率を、「レバレッジ25倍」と表現します。現在の国内個人口座のレバレッジは25倍になっています。

レバレッジをかけて取引をすることで、保有している資金よりサイズの大きいトレードができるので、トレンドにうまく乗るなど優位性のあるトレードができれば、効率的に資金を増やすことができます。

ですが、トレード技術が未熟だったり、資金管理がずさんだったり、メンタル的に乱れるなど優位性のないトレードをすれば、すぐに資金を失ってしまう結果を招きかねません。

平日なら24時間取引できる(メンテナンス時間を除く)

FXは、FX会社のメンテナンス時間を除き平日なら24時間連続して取引が可能です。なぜなら、FXは個別株のようにその国の市場のオープン時間しか取引できないわけではなく、銀行とマーケットが接続されることでほぼいつでも注文を出すことができるからです。

そのため、会社員の方が通勤時間中に、主婦の方が家事の合間に、夜勤の方が帰宅後の朝にトレードをする…といったことが可能。人それぞれのさまざまなライフスタイルに合わせた運用スタイルがあります。

なお、外国為替相場はその時間帯で動いている株式市場と連動しやすい特徴があります。

日本時間で見ると、午前9時~午後3時の時間帯は東京証券取引所がオープンしているため「東京市場」と呼ばれ、日本円が主役になりやすい傾向があります。同様に、日本時間夕方~午後9時くらいが欧州主体の「ロンドン市場」でユーロやポンドが主役、午後9時くらい~明け方が米国主体で「ニューヨーク市場」と呼ばれ、米ドルが主役となります。

トレードはほぼ24時間できますが、このようにメインの市場参加者が入れ替わるため、注目される通貨ペアや情報も変化します。

ちなみにこちらは、FXのトレードスタイルの変化を示すグラフです。2011年頃はほとんどの方がパソコンのみでトレード、モバイルの割合はわずかでした。

しかしスマートフォンの性能向上に伴って、現在はスマートフォンのみでトレードする人の方が多数派。
FXは平日であればいつでもどこでも取引が可能なので、スマホとの相性もいいと言えるでしょう。

スワップポイントの受け取り(支払い)がある

FXで利益を出す方法は2種類。

1つはここまで解説してきた、通貨間の交換レート変動を狙う取引で、「安く買って高く売る」、あるいは「高く売って安く買い戻す」ことで、その差額を得る方法。

もう1つは政策金利差の調整額を狙うスワップポイント運用です。FXでトレードする2種類の通貨ペアのうち、政策金利(その国の基準となる基本金利)に差がある場合、その調整額をスワップポイントとして投資家が受け取る、あるいは支払う仕組みがあります。

スワップポイントは、日をまたいでポジションを保有すると発生します(そのタイミングは日本時間の朝であることに注意)。

(※2020/07時点)で、高金利なのはトルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドなど。逆に低金利の代表格は日本円で、他にスイスフラン、ユーロ、英ポンドなども低金利です。

これらを組み合わせた、トルコリラ円、メキシコペソ円、南アランド円の「買い」ポジションを持って日をまたぐとスワップポイントを受け取ることができ、「売り」ポジションで日をまたぐとスワップポイントを支払うことになります。

スワップポイントを受け取れるポジションを保有することで、日々利益が発生するのでスワップポイント狙いの運用をしている人もたくさんいます。

しかし、スワップポイント狙いの運用にはリスクが二つほどあることも知っておきましょう。まず一つが、為替差損のリスクです。

たとえばトルコリラ円の買いポジションを持っているときにトルコリラの価値が下がれば、当然ながら含み損が発生します。そして含み損が一定のラインを超えれば、強制ロスカットとなり決済されてしまいます。

せっかくコツコツとスワップポイントを積み重ねていっても、為替によって生じた損失が、スワップポイントで得た利益を上回ってしまう可能性もあるのです。

とくに高いレバレッジをかけると、相場が下落したときに耐える力が少ないため、ロスカットに遭う可能性も高まります。多少の変動ではロスカットされないように、余裕を持った資金が必要です。

そして二つめが、政策金利が変動するリスクです。

運用を始めたときには高金利でも、月日が経つうちに政策金利が下がっていくことはめずらしくありません。金利差が狭まれば狭まるほど、受け取れるスワップポイントは少なくなってしまいます。

場合によっては政策金利差が逆転する可能性もあり、今まではスワップポイントを受け取れていても、金利差が逆転すると「支払う側」になってしまいます。

スワップ狙いの運用は、こういったリスクを把握したうえで取り組む必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です